風が冷たい。

2016年03月30日



 最近、眠れない夜はよく妻の声を聞く。 「今夜は眠れないなァ」と思ったら、開き直って本を読んだり、撮り溜めのDVDを見たり、昨夜はブログに日記(?)を書いていた。 眠くなってきて布団に入り、とろとろっとしかけた時に妻の呼ぶ声が聞こえた。 霊とか幻聴ではない。 REM睡眠時の声だけの夢である。 長年、真夜中でも妻に起こされていたので、習慣というか、脳の記憶を司る部分に破片となって残っているのだろう。 こんな時に起こるという「金縛り」の経験は生まれて此の方まだ一度もない。 一度ぐらいは体験してみたいものだUnique Beauty 好唔好

 もちろん、妻の霊であれば嬉しいことだ。 妻の生前に言ってやるべきだったと思う言葉がたくさん有って後悔し続けている。 あれも、これも、妻の霊が呆れるほど喋り続けて、退散されてしまうかも知れない。 私を迎えに来たというなら、二つ返事で応じるだろうPanerai hk。 

 今日は朝から時折陽が射していたが、曇りがち。 傍らの目覚まし時計の温度計が15度を示している。 「うすら寒い」という表現がピッタリかな? そんなことを書いていたら、雲が途切れて青空が広がってきた。 早朝にした洗濯ものが、風に揺らいでいるsense。 こんな日は、なるべく乾燥機を使わずに節電につとめようと思っている。 この冬、エアコンさえもまだ点けたことがない。  

Posted by ずさ at 19:03Comments(0)